【ロミオメール伝説の100】【長編】「業者を入れて見積りを出したい」 → 「奥様は部屋で旦那様をお待ちになりたいとの要望です」 ~その2~

前回はコチラ

 

237: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/13(月) 20:55:00
私の方の弁護士さんから連絡で、こちらも何か譲歩するものがないと控訴だけでは
負けたときに、私に何の利もないですよ、と言われました。
ではどんな方法が考えられますか?と聞いたら、
例えば、夫が行っているマンションのローン返済を私がする代わりに
マンションを譲り受ける事は可能か、などだそうです。
少し考えてみます。

239: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/17(金) 19:01:14
弁護士さんと話してきました。
部屋の売却問題ですが、こちらの弁護士さんが
「残りのローンを奥様が返済する代わりに、部屋の名義を奥様に変更出来ないか」
と夫側の弁護士に問い合わせたところ、
「控訴前であればまだ(夫に)相談も可能だったでしょうが、控訴してから言う言葉ではない」
とはねつけられたそうです。
ローンの残りはあと8年程です。
(夫が頭金を多めに入れていたのと、離婚話前に繰り上げ返済してくれていました。)


240: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/17(金) 19:04:01
ただ、実際に住んでいるのは私ですし、たとえ夫が売却を進めたとしても
見積もりのために業者を部屋に入れなくてはなりません。
これを突っぱねれば、二審の間は出て行かなくても大丈夫です、と
私の弁護士さんが言ってくださいました。
少しホッとしています。

241: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/17(金) 19:18:03
すげーな。
そこまで旦那を困らせて楽しい?
今の立場は自業自得じゃん。
嫌がらせするより、自立できるよう努力するのに時間を使いなよ。

242: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/17(金) 19:46:19
結論を先延ばしにしたいんだよ。
先延ばしにしていれば、現状は維持できる。
現状維持しているアイダに、事態がかわってくれないかと思っている。
控訴を繰り返したり、話し合いをしたがるのは、その証拠。

旦那と別れたくないからじゃない。
こいつは、現状を維持したいだけ。
だんななんか戻ってこなくても、
こいつがマンションに住みつづけて、旦那が生活費を送ってくれればOK!

252: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/26(日) 19:40:59
今、裁判所に提出するための理由書の文面を考えている所です。
控訴してから50日以内に提出すれば良いとの事で、弁護士さんの言葉も交えながら考えてます。

夫は私に、離婚届を提出して欲しい、そして部屋から出て行って欲しいといってきました。
それをふまえ今、私は考えているのです。当時、かつての私は夫にとってどんな存在だったのだろうかと。
いつも繰り返し思っているのです。
私は離婚届け、という歪んだ表現を自覚しました。なので今後一切自身と矛盾した
行動をとらない、という事で夫に対しての誠意を表したいのです。

なので、離婚届の提出、部屋を出て行くという選択肢はありえない、と改めて思いました。
これは偽れない、私自身の中の真実なのです。

253: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/27(月) 00:08:46
>>252
ごめん、何言ってるのか分かんない。
離婚届の何が歪んだ表現なのか、何が矛盾なのか??

まあ、遅かれ早かれ離婚は成立するだろうし、家も出ていくしかなくなるけどね。

256: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/27(月) 16:55:04
>>252
あー何か壊れてきちゃったね。
「離婚届けを出さない」「部屋から出て行かない」が
この人にとって絶対動かせない結論だから、どんなに外堀埋められても
旦那さんへの誠意を説いても、具体的な解決方法を提示しても理解できないんだろうね。

「離婚届けを出さない」「部屋から出て行かない」とつぶやきながら
お布団かぶって過去の夢にすがりついてる状態。
そろそろ逃げようのない現実がやってきて布団ひっぺがしてくれるよ。



261: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/28(火) 22:29:41
頼むから旦那を楽にしてやってくれ

266: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 20:46:44
年末に夫の実家へご挨拶に行ってまいりました。
もしかすると夫も帰って来ているかも知れない、と思ったのですが、
会えませんでした。

夫は判決が出てすぐ、実家へ説明に来ていたそうです。
夫は、ご両親に証人尋問調書を出し、まずは読んで欲しいと言ったそうです。



267: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 20:48:13
証人尋問調書は判決後、私の手元にも届きました。
私と、夫の弁護士との口頭でのやりとりが記載されています。

尋問書は、私が夫に対して行ってきた行為に対し、夫側の弁護士が
いちいち確かめるように「あなたは旦那さんに○○したんですか?」と聞くので
それに対しての受け答えが主でした。

268: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 20:50:45
離婚届を突きつけたのは、大声を出す代わりであると主張したのに、
何度も突きつけられたご主人の気持が分かりますか、と話をすりかえられたり
怒鳴ったり叩いたりしたのは、夫がやります、と言った事を実行できないからだし
家出だって夫からの意見を引き出すための行為だったのに
結局はあなた自身が満足する答えを旦那さんが差し出さない限り
あなたは許さないで、旦那さんにひどい事を繰り返してたんですね、と言われたり。
そんな嫌なやりとりが全て記述されているのです。

269: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 20:55:12
お義母さんから「どうしてこんな事になったの?」と言われましたが
うまく説明できず、ただ下を向いて泣くことしか出来ませんでした。

本当は一晩泊めていただこうかと思っていましたが、いたたまれずに
お暇しました。
本当なら毎年のお正月は、私達夫婦とご両親とで近くの温泉に行ったり
下に降りて市場を観光したりしていたのに。
今、自分がとても情けないです。

270: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 21:10:50
なので今年の私の目標は、私のいたらないところを全力で直し、
夫の陳述書にあった夫の気持を全力で受け止めることだと思います。

私は答弁書に書きました。夫の苦痛をやわらげたい、夫にとって苦痛な事は何か
きちんと見定めたいと。
それに対しての夫の陳述書には、本質を理解していないとありました。
ならば、私自身がそれを分かっていないならば理解しようと何度でも読んで
どうすれば夫の心が安らぐのか、また一緒に手を繋いで空の下を歩けるのか
考えていきたいと思います。

271: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 22:46:55
>>100
もう旦那さんはあなたの顔も見たくないと思うよ。
夫にとって苦痛なこと、それはあなたとの地獄のような婚姻生活を続けること、
あなたと人生を共にすることでしょう。
自分が夫でもあなたみたいな嫁絶対嫌だもん。

まず働け!いつまでも夫のお金に頼ってちゃだめでしょ。


272: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/04(火) 23:29:45
マンションからさっさと出ていき、離婚届にハンコ押しちゃえば、旦那のの心も安らぐよWWWW

293: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/24(月) 16:44:24
100さん
復縁できると思いそれが実行できるなら
離婚して始めからやり直して見れば良いよ

そのほうが対等になれるよ
今のままだと主従関係がはっきりしてしまうからね

まず一人の女性として
自分磨きすれば元旦那も惚れ直すはず
今気前よく離婚届に判を押す事が後々好転するんじゃないかな

294: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/25(火) 19:53:54
夫側の弁護士から再度、「業者を入れて見積りを出したい」との要請があったと
私側の弁護士さんから連絡がありました。
私側の弁護士さんが「奥様は部屋で旦那様をお待ちになりたいとの要望です」と
言って突っぱねて下さったそうです。

二審のための書類も提出しました。たぶん3月くらいから始まると思います。
私は293さんが言うような、離婚して始めから、という考えにはどうしても
抵抗があります。
夫に対する私の誠意は、夫を待ち続ける、という形で今は示していきたいのです。

295: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/25(火) 20:06:55
夫と私を結ぶ、他者から見ればたかが紙切れ一枚が、私を夫の家族であることを証明する
大切な絆なのです。
本来慎重に扱うべき離婚という選択肢を、無思慮に振り回し、夫を苦しめたのは
間違いなく私です。
だからこそ裁判で過ちを認め、夫を尊重していなかったことを認め、
夫を心から愛していることを認め、離婚の意志はなかったと心から訂正しているのが
現在の私の姿なのです。

本当に今、苦しんでいます。
あんな攻撃的な方法を取りながら私が望んでいたのは、離婚とは真逆のことでした。
夫は絶対に踏みとどまり私を引き止めてくれると信じきっていた。
私はどうしてあんな事をしてしまったんだろう。

296: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/25(火) 20:56:54
暴力や暴言や苛めって、暴言吐いて暴力振るって苛めた方は忘れても、された方は忘れないんだよね。。。。

302: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/26(水) 22:28:31
職歴も頼れる身内もいなくて旦那に捨てられたら人生終わるのに
どうしてその旦那を殴ったり虐げたり、離婚を迫ったりできるのかな?
嫌味じゃなくてマジで人格障害の人の思考回路って不思議なんだよ。
破滅型なのかと思えば、相手に捨てられそうになった途端守りに入るしさ。
旦那に捨てられたら困る=それなら捨てられないように優しくしよう、旦那の役に立とうって
そんな当たり前の思考も出来ないって、何か脳に障害でもあるんですか?
それかよっぽど自分は捨てられないって自信があったの?
今までモテモテ人生の美貌の持ち主とか、床上手とか?

306: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/27(木) 13:04:58
「相手の意見を無視して」やりたい放題して離婚されたのにまた
「相手の意見を無視して」離婚したくないとゴネ続ける。

結局何も変わってない。
「私は反省してこんなに頑張っています」
はあ?
それで相手のトラウマが消えるとでも?
自己中な奴って本当に「自分」しか見えてないんだな。

325: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/08(火) 20:01:56
私側の弁護士さんから、裁判官から電話がありましたと連絡が入りました。
二審の期日が3月下旬に決まった事、そして裁判官は二審で判決を下す前に
話し合いをした方が良いでしょう、と言って下さっているそうです。
もし話し合いとなれば、裁判所としては仲介の労をとってもよいとの事。
弁護士さんからどうしますか、と聞かれたので
「本人同士で話し合いをさせて下さい。」とお願いしました。
この返事を持ち帰り、裁判官は夫の弁護士と連絡をとってくれるようです。



326: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/08(火) 20:07:01
裁判官に私の心情を開示してもらい、復縁への活路を見出せたら良いと思います。

私はずっと夫と結婚してから一貫して対話を望んでいました。
すぐ「ごめんなさい」と言う夫、それを聞いてぶち切れる私ではなく、
今度こそちゃんとした対話が出来る機会を与えて欲しいと思います。

327: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/08(火) 20:26:02
用語の使い方を間違えているけど、まあいいか
所謂和解案の提示で裁判官は判決文を書くの面倒だよ と
ここで無茶言うと、判決文にひどいこと書くからな と双方に脅しを入れるのがデフォルト
まず旦那は出てこないと思う

328: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/08(火) 22:22:53
ここで自分から離婚に向けての
和解案を提示するのが最良だよと
裁判所からの慈悲なのに
いまが最後の分岐点なんだよね

判決がでた後でゴネると最悪逮捕されてしまうよ

330: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/08(火) 23:43:53
離婚裁判で請求棄却されたとしても
愛が戻る事はない

331: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:23:19
裁判官から私側弁護士さんに連絡が入ったようです。
夫は「財産分与の話合いであれば応じる。離婚回避のテーブルにはつかない」
という意向を示したとの事。

私は夫側の言い分はおかしいと思います。
何故なら私たちはこの2年間、お互いに離婚する、いやだ、とばかり言い続けて
本当に離婚が必要なのかどうか、話し合っていません。
私は調停の時から一貫して「今回の件は、対話不足、コミュニケーション不足からくるもの」と
言い続けてきました。
まずは話し合うこと、それから本格的な協議(たとえそれが離婚する、という方向だったとしても)
をすべきではないでしょうか。

332: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:25:50
>離婚裁判で請求棄却されたとしても
愛が戻る事はない

そうかも知れません。
でも、例え最初は夫に恨まれていても、こちらの誠心誠意を見せる事が
夫婦の絆ではないのでしょうか。


333: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:29:45
二審の控訴理由ですが、下記を提出しました。

一審における判決は「離婚を認める」とあるが、
私は調停時から一貫して離婚を望まない、やり直したいと述べており、
婚姻協同関係を修復することがいちじるしく困難であるとはいえない。

なのに離婚判決が出るのは人権侵害、法律違反と思われる。

婚姻協同関係を修復することがいちじるしく困難であると
はいえない理由として以下を述べる。

1、結婚した翌年あたりから、私は大抵夫と徹夜で喧嘩をして、
月に1~2回、1日~3日程度の家出を繰り返すようになった。
夫婦喧嘩では夫を殴ったり蹴ったり、グラスの水をかける等をした事は認める。
しかし、女性の力なので暴力といっても怪我するほどではないし、
水をかけても火傷はしないので自分なりに手加減はしてきたつもりである。
それに徹夜でケンカしたあとでも夫は普通に会社へ出掛けて行ったので、
いつしか徹夜で話し合う事が普通と感じるようになってしまった。
また、怒りがおさまらない時、夫の帰宅を待ちかまえて
再度話合いをした事もあるが、決して夫を疲弊させようとした訳ではない。
夫が、自らの考えで行動して欲しいと促す行為だと思っていた。

334: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:34:40
2、私は家出をすると、離婚届を書き夫に突き付けていたが、
それは夫に耳を傾けてもらうためであり、本気ではなかった。

3、離婚話の後カウンセリングを受け、自分は「うつ」である事が判明した。
薬を処方してもらっているので、飲み続ければ治ると聞いている。

4、家事放棄はしていない。月に1度は掃除機をかけていたし、生ゴミは週に1度は捨てていた。
ただ、身体が思うように動かなくなり、食事作りはここ数年やっていない事は認める。
洗濯も月に2回はしていた。身体がきついのに一晩かけて洗濯した事もある。
ただ、まめに洗濯はしなかったので、夫は通常の人の何倍もの下着やYシャツを保有していた
事は認める。それに夫は「身体がきついなら無理して洗濯や食事を作らなくて良いよ」と
いつも言ってくれていたし、夫は会社から帰宅して食事を作ってくれていたので
いつしかそれが普通の事である、と思い込んでいた。

335: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:36:55
5、2年前、私は一晩中の喧嘩の後家出をし、
心配して私を探してくれた夫に返事もせず、夫の話に耳を傾けようとしなかった事は認める。
その後激高した私が再度夫を振り切り行方をくらまし、
電話で離婚の意思表示をし離婚届をつきつけるが、
これも夫の気をひくためである。
これは、夫が離婚届けにサインをするなどと露ほども思わなかった、
当時の私がやってしまった事である。
何故なら夫は絶対に私との家庭を維持し、壊すつもりはないと信じて疑わなかったら。
夫の気持ちは常に私と共にあると考えていたから。

誓って、私はただの一度も夫と離婚したいと考えた事はないし、絶対に離婚したくない。 

336: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:39:20
6、私は夫から優しくされ労われたこと、いつも身体を大事にしてね、と優しい言葉をかけてくれた
事に深く感謝している。内弁慶なので態度で示した事はないが、いつも夫に「ありがとう」と
思っていた。

7、頻繁な夫婦喧嘩、私の度重なる家出や暴力は対話不足、コミュニケーション不足からくるものである。
以前は喧嘩の時に夫が何か言っても、「また言い訳?」と言ったり、それで夫が黙りこんだりすると
「今度はだんまりなんだ。その次はまた言い訳が始まるのね。」等の事を言ってしまい、
夫の言葉を先回りして封じ込めたりしていた。
このような言い方をすれば夫は逃げてしまう、とカウンセリングで教わったので
このような表現方法を改めて、夫の言葉に耳を傾けるようにする。

8、すぐに前と同じ生活は夫にとって苦痛かも知れない。まずは家庭内別居から始めたい。
離婚話が出た時夫は、「まずは家庭内別居から始めよう」と言ってくれたにもかかわらず
当時の私はそれが理解出来なかった。夫の部屋に入り込んでは毎日詰問していた。
現在は夫の嫌がる事を理解出来たので、離婚回避は可能である。
私の家族はタヒぬまで夫一人だけだし、今後も夫との生活を維持していきたい。

以上の事から、私たち夫妻の婚姻継続は可能である。一審の棄却請求を求める。


337: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:40:17
この控訴理由書を弁護士さんに渡した時、
「内容が一審の時と特に変化が無いので、(勝訴は)難しいかもしれません」
と言われています。
離婚裁判に関する事をネットで色々調べてみて、難しいことであるのは理解しています。
けれど和解(離婚に同意する)は嫌なのです。

夫の弁護士からはマンションの売却を通して、財産分与を匂わす文書も届いています。
でも、売却されたら、私はどこで夫を待ち続けたらいいのですか。
二審が棄却されても、最高裁がありますよね。ここまで裁判をすると5年くらいかかると
ネットで見ました。
でも、それでも少なくとも5年間、この部屋で夫を待ち続けるチャンスを与えてもらえるのです。

338: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:41:27
夫は私以上に真剣に「離婚」について考えてくれたとは思えません。
夫がサインした時、私はショックとパニックで、その事で再び夫を激しく罵倒したくらいです。
だって夫は私との「話し合い」ではなく、いとも簡単に「離婚」を選んだのですから。
夫から話を引き出そう、前向きな話合いをしようと怒鳴り続けた結果がこれでした。
私にとっては唐突な離婚話でしかないです。調停も裁判も、ただ唐突なだけです。

339: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/18(金) 23:43:13
私が何故何度も離婚届けを突き付けたのか、それは、それくらい私が苦しんでいること、
それを夫に分かりやすい表現としてあらわしただけでした。
このような表現方法を取るしかなかった私の「苦しみぬいた決断、断腸の思い」に対して
夫は、今回あっさりと離婚を決意してしまいました。

何か問題が起こるとすぐ「ごめんなさい」「今度はちゃんとする」という夫。
その夫への不安や怒りがここまでの騒動となってしまいました。
夫が私と話合い、もう一度信頼関係を再構築出来れば、必ず離婚は回避出来ます。

ローンを支払い続け、私に婚姻費用を渡さねばならない夫の苦痛は理解してるつもりです。
それでも私と向き合ってほしい、離婚を思いとどまり、もう一度私との生活を考えてもらえるよう
何度でも夫に問いかけてゆくしか、私には方法が無いのです。

私は、夫におんぶにだっこされたいとか、ATM代わりにしているとか、そんな風に考えた事は一度もありません。
いつも夫に深く感謝しています。

340: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 00:22:01
婚姻費用を受取らず、マンションも引き払うかローンの負担もして>>100の誠意を
旦那に見せてみては?
何ら誠意も見せず、言葉だけで裁判を続けても思う結果は得られないでしょう

341: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 01:17:06
>>100
だんなさんのこと、心から愛してますか?
愛してらっしゃるなら、応援してる
この人しかいない、って思うなら、ずっとずっと大事にしてあげて
自分より大事にしてあげて
心が通じ合いますように、願ってる

342: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 02:59:08
境界性人格障害

病院行け

旦那が可哀想
お前は自分が見捨てられたくないだけ
これほど思いやってくれてた旦那を苦しませて満足か?

お前の考え、思いどうでもいいから
旦那のことだけ考えてやれよ

お前にとって愛って何?

旦那を所有物のようにコントロールして縛り付けておくこと?
旦那はものじゃねんだよ

旦那の気持ちになれ
お前とより戻して幸せか?
お前みたいな病人に旦那を幸せにできるのか?

タヒぬまで十字架背負って苦しめ

343: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 14:08:24
五年後に離婚するのと
今離婚するのでは
全然違うのに

344: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 14:11:06
夫の人権を侵害してる事にはスルーですか?

345: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 16:41:52
>このような表現方法を取るしかなかった私の「苦しみぬいた決断、断腸の思い」に対して
>夫は、今回あっさりと離婚を決意してしまいました。

旦那さんは貴女なんかの10000倍苦しんでるよ
貴女なんかはっきり言って こ れ っ ぽ っ ち も 苦 し ん で な い。
世の中で一番楽をしている人間。昔も、現在も。
他人のお金で生活し、家事もせず、毎日好きな人の夢ばっかり見て自分の為だけにだらだら泣いてる。
旦那さんは辛い中一生懸命働いてるのに。
誰もあなたなんか可哀想だと思わない。
大好きな人を想いながら5年生きようとしてる貴女なんかより
大嫌いな女に付きまとわれて5年間を無駄に費やす旦那の苦しみがただただ可哀想だ。

346: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 16:51:22
>>341
何でもかんでも愛で済ますな。
他人を愛し、愛されって、まず人間として最低限の生活と心の安らぎを得られてからだろう。
奴隷のような生活を強いられた旦那さんが愛を振りまく事ができるか?
旦那さんを本当に愛してるなら応援します☆だって愛って尊いもんみたいな
あなたみたいな博愛スイーツが1番タチ悪いよ

347: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 20:46:04.55
殴ったほうは女性の力だから
対した事ないって
暴力を受けた旦那を思いやり気持ちも
反省に念がないと思われる

ここまで酷いと
最高裁まで争う事になると
内助の功もなく財産分与どころか
慰謝料を支払う事になりそう

 

続きはコチラ

 

引用元: ・http://toki.5ch.net/test/read.cgi/x1/1202078941/

こちらの記事もオススメです

「ロミオ・ジュリメール」カテゴリの記事一覧

アクセスランキング